香水(ランセ)

ランセ一家は、1600年代の初め、南仏グラースで貴族の皮手袋に香りをつけたことで有名になりました。

1795年に、5代目フランソワ・ランセは皮手袋製造業から完全に香水製造に転業し、きわめて洗練された近代香水の製造をスタート。
彼の革新的な精神から生み出された香水は皇帝ナポレオン・ボナパルトにも支持され、皇帝のお気に入りのパフューマリーとなり“LE VAINQUEUR(ル・ヴァンカー/征服者)”、“TRIOMPHE(トリオンフ/凱旋門)”、“L'EAU DE AUSTERLIZ(オー・ド・オーステルリッツ)”を献上しました。

その後、皇帝ナポレオンの妻ジョセフィーヌのために“L'IMPERATRICE(リンペラトリーチェ/女皇帝)”を作り、貴重なセーブル焼き(パリ近郊のセーヴルで生産される磁器)のボックスに入れて献上。
この貴重な磁器のオブジェは、ランセの資料として保管されています。
またジョセフィーヌのための香水“JOSEPHINE(ジョセフィーヌ)”も有名です。

1800年代終わりに香水ビジネスの本拠地をイタリアのミラノに移し、今日まで世界で稀にみる家族経営の伝統が、200年以上にわたって受け継がれています。

〔公式サイト〕 Rance

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

3